引っ越し前の片付けを効率よく行うためには


必要な要素を上手に切り分けよう

引っ越し前には引き払う準備も兼ねて荷物の整理や掃除を効率よく行うことが大切です。当日ドタバタしても面倒ですし、結局引っ越し先に荷物を搬入することを思うと予めまとめられた方がいろんな意味で都合が良いでしょう。ポイントになるのは、普段よく使うものと使わないものの区別です。急な引っ越しではなくある程度期間があるのなら、それまでにタグをつけた箱を作成するなどして必ず持っていくものと迷うものなどを仕分けておくと手早くできます。

また、家電などは、引っ越しに合わせて買い替えるものも多いです。普段見ないとしても、マニュアルを確認しながら一つずつ調子を確認しておくとスムーズにできます。この際、一度にやり切ろうと考えないことがポイントです。この日は台所、この日は寝室といったように点検個所を集中することで一度の負担を大きく減らせますし、自分で区切りを作ることができます。準備は完ぺきを目指すときりがないので、こうした物理的な区切りは非常に効果があります。

衣類や書物は流行も気にして

年代によって流行や必要性が変わるものは多くあります。書籍や衣類などはその代表で、特に子供がいる場合には内容も大きく様変わりしていきます。何人か子供がいる場合には、お下がりとして役立つことも多いですが流行があるので、あまり時期が空くようなら処分も検討すべきです。良い状態のスタンダードなアイテムならば、お下がりでも喜ばれることがあるのできちんと保管して適宜放出できるようにすると良いでしょう。

大型の家電や家具類は、処分するのに多額のお金が掛かります。不用品の回収サービスに依頼すれば、無料もしくは格安の価格で引き取ってくれます。